スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Entry: main  << >>

『縁起』の良し悪し

『縁起』の良し悪しや、タブー視されるような事が、時としてロゴなどのデザインに反映されてしまうというケースもあるみたいです。

先週末ころのお話。

FujiSankei Business i. 国際/ベルギーの航空会社が機体デザイン変更 「13+1」1つ加えて悪魔払い!?

縁起の悪い旅客機には乗りたくない−。こんな客の声に抗しきれず、ベルギーの新規航空会社ブリュッセルエアラインが23日までに機体デザインの変更に追い込まれた。

 AP通信によると、同社は旅客機の尾翼に頭文字の「b」をデザインしたロゴを13個の赤い円で描いた。ところが、キリスト教で特別な意味を持つこの数字に、米国やイタリアの客から「悪運をもたらす」と大ブーイング。同社は円を1個付け加え14個にすることを決断し、同日までに塗装を施した。


こちらはUSAトゥディによる英語の記事(英語読めないので意味わからんw)。航空機の写真があります。
USAトゥディ記事


う〜んなるほど、デザインというのは何かしらの『意味づけ』を必要とする場合が結構多いと思うのですが、もし、つくったデザインを国際的に流通させる場合は、国や文化によって悪い解釈をされてしまう場合があることも覚えておく必要があるようです。


そういえば、(デザインと離れてしまいますが)国による『縁起』の良し悪しの解釈の違いで、こんなこともあるということを思い出しました。

何でプロ野球の背番号42は外国人選手が多いのですか?... - Yahoo!知恵袋


『42』と『13』の不思議な関係。
| デザイン | 00:42 | comments(0) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

| - | 00:42 | - | - |
Comment








Trackback
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/02/27 5:57 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | at: 2007/02/27 5:36 AM

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Search

Profile

Entry

Category

Archives

Link

Comment

Trackback

Mobile

qrcode

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links